リノベーションを使って住宅機能を高めよう|優れた性能にする

部屋

ガラスの機能

室内

ガラス交換のリノベーション……ガラスにさらなる機能を付け加えるということについて、ここでは見てみましょう。現在では、どのようなガラスがあってどのように使われているのか。というところから見てみることにしましょう。ざっと上げるだけでも防犯ガラスや防音ガラス、断熱ガラスやエコガラス……などの種類が出てきます。聞くからに新機能っぽいガラスたちでしょう。

実は、これらのガラスについての基本的な構造は、決まっているものです。2枚の合わせガラスであるということが、基本的にはあります。二枚のガラスで構成されているのが、防犯ガラスであり断熱ガラスであるのです。そして、防犯や断熱というふうにそれぞれの機能に特化していることについては、2枚のガラスのあいだに何があるか。ということで違いが出てきます。つまり、2枚のガラスのあいだにある空間の使い方です。たとえば、防犯ガラスの2枚のガラスのあいだには、柔軟性のある膜が張られています。たとえばトンカチで割ろうとすると、たとえ1枚のガラスは割れても、あいだにある柔軟性にすぐれた膜が衝撃をうまく吸収して、なかなか割れにくくするのです。このようにして、防犯ガラスはドロボーを寄せつけないという機能を引き上げているのです。だから貴重品をたくさん扱っているところなどになると、ガラスの性能を高めて泥棒に入られる可能性を下げているのです。また、技術力は今進んでいるので昔よりも泥棒が入りにくいガラスも登場しています。